【悲劇】小学2年生の娘が脱毛クリームを使ったら…号泣!?

【ムダ毛騒動勃発!】我が家で起きた小さな悲劇とは!?

  • 「プールの授業は出たくない!」
  • 「うでが見えるTシャツは嫌だ!」
  • 「毛が濃いのはお父さんのせいだ!」

 

最初は驚きました!父親の私には衝撃でした!

 

悩む父親

 

いつものように会社から帰ってきてリビングに入ってみると…。

 

隣の部屋で妻と長女(小学2年生)が何やら口げんかをしているのです。

 

いつもと雰囲気が違うので、どうしたものかと聞き耳を立ててみると…。

 

驚く父親

 

「またアキラくん(仮称)にオッサンみたいなウデだぁって言われたぁ…」

 

小学生の娘が泣きながら話しています。

 

「隣の席のアキラか…、あのクソガキがぁ〜」

 

怒る父親

 

しかも、風呂場にある妻のT字カミソリを勝手に使ったのだとか…

 

怪我しないで良かった…( ;∀;)

 

娘の毛の濃さには、父親である私も多少気づいていました。

 

でも、それを本人が意識して、泣き出す日がこんなに早いとは…。

 

泣く娘

 

娘はまだ小学校2年生です。

 

私と一緒にお風呂も入りますし、毛の悩みを持つのは10年くらい先の話だと思っていました…。

 

妻の提案で脱毛クリームなるものを知る

 

ネットで調べてみると、小学生に関する脱毛の情報はたくさん出てきます。

 

検索する父親

 

都会だと小学生が脱毛エステに通っているのだとか…。

 

我が家は四国の田舎暮らしなので、脱毛エステに通うのに車で1時間くらいかかりそう…。

 

経済的にもちょっと…。

 

我が家では、最初から脱毛エステという選択肢はありませんでした。

 

同じ女性である妻の提案で「脱毛クリームを使う」ことに決定しました!

 

脱毛クリームって何?

 

脱毛とは無縁の私からすると、なんとなく毛を無くすクリームだってことは分かるのですが、そのメカニズムは不明です。

 

脱毛クリームを使ってみたら…

 

調べてみると、脱毛クリームっていうのは、見えている毛を「溶かす」クリームらしい。

 

ようは、カミソリで剃ったような状態にしてくれるクリームだそうです。

 

カミソリ剃毛

 

カミソリだと肌を削って荒れを起こしたりするリスクがあるけど、脱毛クリームは肌荒れの心配が少なく安全なのだとか…。

 

が、しかし!

 

近くのドラッグストアで妻が買ってきたお肌に優しい脱毛クリームを小学2年生の娘に使ってみたら、ひどく肌荒れを起こしてしまいました。

 

むすめ、号泣・・・・!!!

 

脱毛クリームは断念することに…。

 

次の一手に名乗りを上げたのが…

 

小学生の間は一時的に毛が濃くなる時期があるのだとか…。

 

そのまま様子を見たらどうかと、妻と娘に話してみたけど、やはりイヤだと…。

 

何かしら対策を打たなければ、気が収まらない様子でした。

 

そこで、次は私がネットで調べることに…、ヤフー知恵袋にも同じような悩みの書き込みが多数…。

 

丁寧に読み進めていくと、新たな情報が…、それが「抑毛ローション」!!

 

コントロールジェル

 

抑毛ローションを使って娘も納得!

 

除毛するのではなく、抑毛(よくもう)です。

 

毛の成長を抑えることで、生えにくくしたり、生えても薄くなったりするのが、抑毛ローションの狙いです。

 

我が家の娘には、この抑毛ローションがヒット!大ヒット!!!

 

毛が薄くなったと喜んでいます。ほっ(;^ω^)

 

コントロールジェル試用風景

 

父としては、一先ず安心…。

 

小学生が脱毛クリームを使うならコレ!

 

もしあなたのご家庭でも、同じ騒動?が起きているのなら…。

 

我が家の娘も使っているコレはおススメです!→大人気の抑毛ローションはこちら

 

うちの子はウデだけではなく、プールの際に背中のムダ毛が多いって男子に冷やかされたのも気にしていました。

 

背中ムダ毛

 

余計なことをいうガキが…、と言いたくなるけど、男として気持ちは分かる…。

 

自分の小学生時代を振り返ってみても、似たようなこと言ってたかも…。

 

ドッチボールの時に、スタートの際のジャンプボールで片腕を上げて向かい合ったあの時…。

 

消しゴムのカバーの裏に名前を書くほど大好きだったあの子と向かい合ったあの時…。

 

脇に…、毛が…、モッサリ…、はい?

 

とにかく衝撃というか、ショックでした…、今でも忘れられない…。

 

でも、そのあと男友達に報告した記憶があります…、まさにクソガキ、アキラと同じだな…。

 

反省する父親

 

脱線しました、話を戻しましょう。

 

親愛なる我が家の娘は、抑毛ローションを使い始めて1か月くらいで背中の毛が目立たなくなったと喜んでいます!

 

あんなに嫌がっていたプールも、今では楽しいみたいです。

 

娘プール

 

背中のような広い範囲でもローションだったら手軽に濡れるので便利ですよ。

 

使われている成分は植物成分が主原料になっていてとても安全です。

 

我が家では娘と一緒に妻も使っています。

 

妻の肌は敏感肌で荒れやすいそうですが、このジェルは問題なく使えるそうですよ(^.^)

 

小学生が使えるくらい優しいローションなのである意味当然ですね。

 

お風呂上りに親子で塗っているみたいですが、なんだか楽しそうです(^O^)

 

ローションを手に塗る

 

肌が弱い小学校低学年には脱毛クリームよりも抑毛ローションのほうが安全だしおススメです!

 

 

どうしても脱毛クリームを使いたい人には…

 

妻から聞いた話です。

 

小学校のママ友の間では、娘のムダ毛問題は割りとよくある話題なのだとか…。

 

うちと違って、脱毛クリームをリピートして使っている家庭もあるそうです。

 

我が家のように、近所のドラッグストアで適当に選んだものではなく、小学生でも安心して使える脱毛クリームも一部では人気になっているのだとか…。

 

一先ず目立つムダ毛を綺麗に処理しつつ、抑毛の効果も期待できる商品がこちらです。→パイナップル豆乳除毛クリーム

 

我が家も、もう少し大きくなったら、小学校高学年くらいになったら、こちらに切り替えるのもありかと…。

 

とは言え、今のところ抑毛ローションだけで満足しているようなので、我が家では出番はないかもしれません。

 

小学校高学年以上で、脱毛クリームを探しているご家庭には、ダブル効果が狙えるこのクリームがおススメですね。

 

 

脱毛クリームと除毛クリームの違いとは?

結論から言うと、同じことです。正確には、「脱毛クリーム=除毛クリーム」です。

 

脱毛って言葉の意味は、正確には毛根から抜くとか、毛根にダメージを与えて毛を抜く、って意味になります。

 

逆に、「除毛」っていうのは、見えている毛を取り除くこと。

 

カミソリとかシェーバーで見えている毛を剃ったりするのも除毛になります。

 

一般的に言われている脱毛クリームっていうのは、除毛クリームと同じで見えている毛を溶かして除毛することを言います。

 

ですので、「脱毛クリーム=除毛クリーム」というわけです。

 

カミソリで剃るだけでいいんじゃない?

小学生の肌は非常に敏感です。

 

カミソリで処理を続けたことで、色素が沈着して汚くなることが大人よりも多いのだとか…。

 

あと、肌が刺激されて毛も太く濃くなってしまうそうです。

 

男親としては、カミソリなどで体を傷つけて欲しくないのですが…。

 

もし器具を使って除毛するのなら、カミソリではなく電気シェーバーなどで肌になるべく触れないように処理してあげてください。

 

そのあとの保湿も必須です。

 

子供の肌に使っても大丈夫?

実際、我が家では脱毛クリームを腕に塗って使ったところ、2,3分で赤みを帯びました。

 

小学2年生の娘は「ヒリヒリして痛い」と号泣でした!

 

小学生の肌はまだまだ敏感で抵抗力も弱い…、アレルギーがある場合などは特に注意が必要です。

 

我が家の娘ですが、上記の抑毛ローションに関しては幸いダメージは無く、また毛の成長を抑えられている実感もあるようです。

 

今年の夏は普通にTシャツで通学できそうです。去年は真夏なのに長袖、ニーハイソックスが絶対でしたから…。

 

当HPで紹介している脱毛クリーム(除毛クリーム)に関しては、一応は子供にも使えるものとなっています。

 

ただし、必ずパッチテストを実施して使用しましょう。

 

※パッチテスト…肌荒れなどのトラブルを起こさないかテストすること。腕の内側など反応が出やすい部分に少量塗って、数分後洗い落とし、24時間経過観察する。

 

父親としては、娘が泣くのは辛い…。我が家のプチ騒動はこのローションが解決してくれました!

 

page top